飲む日焼け止めサプリ『ヘリオケア』の効果や副作用|効き目のある飲み方は?

『ヘリオケア』は日本で最初に”飲む日焼け止めサプリメント”として注目を集めた商品です。

2015年にさんまのほんまでっかTVで取り上げられたことで一気に話題になり、日本でも使い始める女性が急増した背景もあります^^

そこで今回、紫外線対策の1つの選択肢としてヘリオケアを調べているあなたのために、ヘリオケアの効果や副作用、効き目のある飲み方などをまとめました!

このページだけでヘリオケアに詳しくなれて、紫外線対策として購入すべきかの判断ができると思います♪

⇒参考:そもそも飲む日焼け止めサプリメントの効果って?

ヘリオケアは本当に日焼け止め効果はあるのか?

結論からお伝えすると、ヘリオケアは日焼け止め効果があると実感している人がたくさんいます。

というのも、元々このヘリオケアはハーバード大学で研究を重ねて開発され、現在では世界35カ国以上の皮膚科で取り扱われているほど信頼性の高いサプリメントです。

日本でも皮膚科や美容クリニックなどの医療機関で処方されていて、医療的にも一定数の効果が期待されているサプリメントなのです。

ヘリオケアが紫外線対策効果があると言われている理由

ヘリオケアが紫外線対策として効果的だと言われている理由は、主成分『FernBlock(フェーンブロック)』の抗酸化作用があります。

ヘリオケアの主成分『フェーンブロック』は中央アメリカのシダ植物(ポリポディウム・ロイコトモス:PL)の一種から抽出された天然の抗酸化成分です。

実はこのフェーンブロックの効果は紫外線対策だけではなく、炎症抑制作用・アルツハイマー対策・喘息など、様々な症状に対して効果が期待されている成分です。

しかもなんと、このフェーンブロックは日焼け止め効果が認められていて、特許成分にもなっています!

日本ではまだ馴染みが少ない成分ですが、海外では注目度が高まっている成分なのです。

私たちは紫外線を浴びると体内に活性酸素(フリーラジカル)ができ、これが肌荒れやシミ、しわの原因となってしまいます。

それがフェーンブロックを摂取すると抗酸化作用によって活性酵素を除去することができるため、紫外線によるダメージを軽減することができます。

シミやしわの原因になる活性酸素の発生を抑えたり、軽減させることで結果的にシミやしわを予防する効果があるわけですね。

⇒参考:飲む日焼け止めサプリメントの効果

効果の持続時間に注意!飲み方を工夫しましょう

このようにヘリオケアは日焼け止めの効果が期待できるサプリメントですが、4時間程度で効き目が切れてしまうというデメリットがあります。

ですのでヘリオケアを飲む場合は飲み方を工夫する必要があります。

  1. 外出する20〜30分前に錠剤を飲む
  2. 外出が長くなる時は4時間おきに飲む
つまり、もし4時間以上外にいる場合は1日2粒以上飲むことになるので、サプリは常に持ち歩いていた方が良いと思います。

勘違いに注意!ヘリオケアは即効性はあるものの・・

また、勘違いする女性が多いので注意して欲しいのですが、ヘリオケアは比較的即効性が期待できるものの、すぐに日焼け止めクリームがいらなくなるわけではありません。

そもそもサプリメント自体、効果が出始めるまでに数週間〜数ヶ月かかると言われていますからね^^;

また、飲む日焼け止めサプリメントは直射日光の紫外線をカットするのではなく、紫外線ダメージを和らげるものです。

なので、日焼け止めクリームとヘリオケアの併用をするのが一番の紫外線対策になります。

⇒続いてヘリオケアの口コミや評判も確認する

ヘリオケアって副作用はないの?摂取NGの人は?

ヘリオケアはカプセルの色が独特なため、身体に悪そうな印象を受けますよね^^;

あなたも副作用が心配かと思いますが、ヘリオケアは今のところ副作用の報告はなく、世界的にも安全性が認められています。

そもそもヘリオケアの成分を見ても、主成分のフェーンブロックはシダ植物(植物由来)ですし、それ以外の含有成分(ビタミンCやルテイン、リコピンなど)も天然由来の成分で作られています。

この辺はさすが日本でも皮膚科や美容クリニックで紫外線対策として処方されることだけはありますね。

危険?摂取しない方が良い人の特徴

ヘリオケアは成分的には副作用もなく、安全に飲めると言われています。ただ、成分自体に合わない体質の人は摂取しない方が良いです。

1.シダ植物にアレルギーがある人

ヘリオケアの主成分『フェーンブロック』はシダ植物から抽出されたものになるため、シダ科植物にアレルギーがある人は飲まないようにしましょう。

2.妊娠中・産後授乳中の女性

ヘリオケアは妊婦さん〜産後授乳期の身体に副作用の危険がある成分は含まれていませんが、通常通り基本的にはサプリメントの服用は避けた方が良いです。

どうしても飲む日焼け止めサプリメントを摂取したい場合は、一度皮膚科に相談してから飲むようにしましょう。

3.小さい子ども(4歳以下)

ヘリオケアは4歳以上の子には飲ませることができると言われています。

4歳以下の子は成長期になるため、飲む日焼け止めサプリメントは摂取せずに普通の紫外線対策をしておきましょう。

まとめ:

ヘリオケアはさすが日本で1番最初に飲む日焼け止めサプリメントとして話題になった商品だけあって、紫外線対策の効果・効能が期待できる結果となりました。

また、即効性もあったり、副作用の心配もないなど、安心して使えそうですよね。

というわけで、ヘリオケアを検討している方は試してみる価値はあると思います^^

⇒参考:買うならどのタイプ?ヘリオケアの種類4つと特徴

ただ、実は最近、ヘリオケアから国産の飲む日焼け止めサプリメントに乗り換えている女性が増えてきています。

国産の飲む日焼け止めサプリメントがどんどん販売されてきたことで、ヘリオケアを飲むデメリットがはっきりしてきたことが理由として挙げられます。

あなたがヘリオケアに期待している効果が『日焼け止め』だとしたら、国産のサプリメントも検討してから購入する商品を決めた方が後悔は少なくなるかもしれません。

⇒国産の飲む日焼け止めサプリの種類とヘリオケアとの違い

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です